デッサン

「本とマグカップ」

●正確な形をとりましょう。

【マグカップ】
縦横の幅の比率、楕円、取っ手の形と付き方に注意して描いてください。
【本】
辺の傾き(パース)と、縦・横・厚みの比率を正しくとってください。度々離れて描き途中のデッサンを眺め、形を確認すること。

●大まかな立体感を表現しましょう。

【マグカップ】
円柱として捉えられます。光源を設定した上で、カップの外側の面、内側の面のグラデーションを塗り分けてください。
【本】
直方体として捉えられます。固有色のベーストーンを塗った上で、3つの面(上の面、右側面、左側面)の明暗差を塗り分けてください。

●細部を描き込みましょう。

【マグカップ】
表面は硬く、滑らかです。硬い鉛筆で紙のザラザラをつぶしてマットなトーンを作り、輪郭部分は先の尖った鉛筆でシャープに整えましょう。
【本】
輪郭はシャープに整え、ぼかさないこと。ページが重なっている部分は薄い色の直線を重ねるとよい。表紙カバーが浮いている部分などを丁寧に描くとリアリティが生まれる。

●机の上に置かれている状態を表現しましょう。

【マグカップ】
楕円のカーブは上下で異なるので注意してください。また、机の上に接している部分、離れている部分の影の濃淡を塗り分けましょう。
【本】
前提として、正しい形(縦横比やパース)がとれていることが大切です。その上で、机の面に接している部分と離れている部分で変化する影の濃淡を塗り分けてください。

P_20230131_132447.jpeg P_20230131_132541.jpeg

 2024/5 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031