デッサン

「手」

①正しい形をとりましょう。

指と掌の長さの関係、5本の指の長さの順序、関節の位置などを確認しながら、自然な形を描いてください。

②大まかな立体感を描きましょう。

明暗の差をわかりやすくつけながら、指の一本一本の円柱形の立体感、掌の厚みなどを表現してください。また、曲げた指を描く場合は、関節を境に大きく明暗が異なることにも注意しましょう。

③細部の凹凸、質感を描き込みましょう。

骨や筋肉によって手の表面には様々な起伏ができてます。骨張っているところ、関節や筋肉がある部分の膨らみ、シワの溝、爪などを描き込んでください。また、輪郭線も単純ではなく、骨、関節、筋肉によって微妙な凸凹ができてます。

P_20221213_140143.jpeg P_20221213_140149.jpeg

 2024/6 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30