デッサン

「水が入ったグラス」

P_20210824_130409.jpg

・グラスの正しい形をとりましょう。

垂直・水平の補助線を使い、正しいグラスの楕円や輪郭を描いてください。また、水際のラインも楕円に近い形をしているので、自然な丸みになるよう気をつけましょう。特に、端の部分は尖らないように注意しましょう。

・質感と立体感を表現しましょう。

グラスの底や縁など、厚みがある部分に濃い色やハイライトがたまる場合が多いです。また、水際のラインにもコントラストがついています。
このあたりから丁寧に描いていくと、短時間でグラスらしさが表現できます。
また、グラスの表面には、縦のストライプ状に淡く室内風景が映り込んでいます。この様子を硬い鉛筆を使って描くと、透明感、硬さ、立体感が表現できます。

・机の上に置かれている状況を表現しましょう。

机の面と接している部分の濃い影、離れた部分に落ちる淡い影、光が反射して明るく照らされている部分などを描きましょう。

P_20210824_130346.jpg P_20210824_130338.jpg

 2022/12 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031