デッサン

「顔のパーツ(目・鼻・口)を描く」

①大まかな立体感を表現しましょう。

【目】
眼球だけを描いてもリアルにはなりません。眼球は頭蓋骨の穴の中に入っているため、上下のまぶたや涙袋を含めてドーム状に盛り上がっています。また、眉毛の生えている部分には骨の出っ張りがあります。これらの、皮の下にある肉付きや骨を意識しながら立体感を表現しましょう。
【鼻】
中央を通る鼻筋は面(正面・側面)で捉えられます。そして、鼻筋の左右には団子状の丸みがついており、そこに穴が空いています。この穴の空いている部分は、鼻の底面にあたります。これらを意識して濃淡を塗り分けることで鼻の高さが表現できます。
【口】
上唇と下唇で大きく明暗が異なります。上からの光源の場合、下唇が光を受けて明るくなります。また上唇はくちばしのように中央がやや出っ張っており、下唇も正面と側面で明暗が変化しています。

 
②細部を描き込みましょう。

【目】
上まぶたのラインと下まぶたのラインでは濃さが異なります。
まつ毛や眼球に映り込んでいる室内風景などもよく観察して描き込みましょう。
【鼻】
鼻筋と左右の団子状の部分が自然につながるように凹凸を描き込みましょう。
鼻の穴や底面部分を暗くして、コントラストをしっかりつけましょう。
【口】
上唇と下唇の境界部分が最も暗くなります。下唇に落ちる上唇の影、しわなども描き込みましょう。

P_20221025_121330.jpeg P_20221025_121400.jpeg

 2023/5 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031