デッサン

「箱と紙コップ(または立方体)」

作例:立方体.jpeg
・良い構図(レイアウト)をとりましょう。

2つのモチーフをできるだけ大きく、かつバランスよく構図に収めましょう。

・正しい形を捉えましょう。

箱はパースを意識して正しい辺の傾きを捉えましょう。
紙コップは中心軸をとって楕円を正確に描いてください。

・大まかな立体感を表現しましょう。

メインの光源を設定し、箱はそれぞれの面のトーンを塗り分けましょう。紙コップは胴体部分のグラデーションの変化を、大まかに3段階意識して塗り分けましょう。

・細部を描き込みましょう。

各モチーフの輪郭部分、箱では面同士が接する境界部分、紙コップでは縁の部分などをシャープに整えることで工業製品らしさが表現できます。また、陰のトーンの細かい変化(グラデーション)も追いましょう。

・平面上に置かれている状況を表現しましょう。

机の面に接している部分と離れている部分とで影の面積や濃さが変化します。よく観察して塗り分けてください。

 MSC用 フリーハンドで立方体を描くのコピー.jpg

 2022/10 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031