デッサン

「人の顔(肖像画模写)」

(肖像画資料)ラファエル・コラン.jpeg
・人体の動き(傾き)を捉えましょう。

両目を結ぶ直線、鼻、口の傾きを線で描き、動きを確認してください。同様に首の傾きも確認しましょう。

・大まかな立体感(明暗の違い)を表現しましょう。

頭部は、頭頂エリア、顔の正面、左右それぞれの側面、顎の下の底面というように、面で捉えながらベースとなる明暗を塗り分けてください。塊としての立体感が表現できます。同様に、首は円柱を基本にした明暗で捉えられます。

・顔の各パーツの位置を測りましょう。

頭部の中央にどのパーツのどの部分がくるか、顔の横幅と縦幅の比率が正しいかなど、時間をかけて何度も確認しましょう。

・目鼻口それぞれの立体感、頬骨や筋肉の起伏を描き込みましょう。

目鼻口は、はじめは球体や箱型の基本形で捉えて明暗をつけると、短時間でリアルに見せることができます。

P_20220329_135018-2.jpg P_20220329_135044-2.jpg

 2022/10 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031