MENU

M.S.C筆記帳

M.S.C筆記帳

課題「幾何形体 (立方体、円柱、球体)」

モチーフの一つ立方体。

前回のデッサンの講義に基づき、基礎の幾何形体の石膏デッサンです。
3つのモチーフがあるため、毎回違うモチーフを描きます。
幾何形体はすべての物の基礎となる形。
他の物を描く時にも、ほぼこの形に基づきます。

「幾何形体 (立方体、円柱、球体)」

※各幾何形体の詳しい注意点については、配布テキストに記されています。
 描き出しは講師のデモを参考にしてもらいました。また、完成デッサンも持参しましたので、
 参考にしてもらいました。
 なお、三つの幾何形体に共通する注意点は以下のとおりとなります。

・形の正確さにこだわること。
 全ての辺の長さが等しいものが立方体だが、辺の長さが異なる直方体にならないように注意してください。
 円柱は、垂直の中心軸をとり、上面と底面の楕円を正確に描くこと。
 球体は、輪郭が正円になるように正確に描いてください。

・何度も離れてデッサンをチェックし、正しい形を追求する姿勢を持ちましょう。
 形の狂いに気づいたら、その都度修正しましょう。

・机にある影をよく観察し、モチーフが置かれている状態を表現してください。

 

立方体を描いた先生の見本 先生の見本

 

幾何形体のデッサン風景 幾何形体のデッサン風景

2015/05/16    2015年デッサン    msc   |    タグ:デッサン

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください