MENU

M.S.C筆記帳

M.S.C筆記帳

課題「いちごとキウイ」

写真はイメージです。撮影し損ねました。

「いちごとキウイ」のデッサン目標(開始40分は水彩スケッチ)

・水彩スケッチでは、それぞれのモチーフの固有色とおおまかな立体感を確認するために行います。
イチゴの実の赤、ヘタの緑、キウイの実の黄緑、皮の茶色を大雑把に絵具で塗りながら、それぞれを円錐形や球体などの立体に置き換えて、立体感を描いてください。
また、スマートフォンなどでモチーフを白黒撮影し、それぞれのモチーフの固有色(カラー)がどの程度濃いグレーになるのかを確認するとよいでしょう。

 

・鉛筆デッサンでは、水彩スケッチで確認したモチーフの大まかな量感や固有色を意識して下さい。
ここでは、固有色(カラー)がどのくらい濃いグレーになるかを確認して鉛筆の色を塗っていくことが大切です。

 

・それぞれのモチーフの質感を描き分けて下さい。
キウイの皮の毛羽立った質に対して、イチゴやキウイの実の部分はマットで光沢があります。
それらを意識して塗り分けましょう。
また、イチゴの実の表面には微妙な凸凹があり、その少しへこんでいる箇所につぶつぶがついています。
このように、細かい所を描く際も、あくまで立体的に捉えていくようにしましょう。

 

・モチーフが設置しているところと離れている所を確認して、机に落ちる影の濃淡を描いて下さい。
影はデッサンの最後につけるのではなく、モチーフの大まかな立体感を出しながら同時に描いていったほうが良いでしょう。

2015/01/31    2015年デッサン    msc   |    タグ:デッサン

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください