MENU

M.S.C筆記帳

M.S.C筆記帳(ALBUM)

「デッサン基礎講座(一回目)」

「デッサン基礎講座(一回目)」

デッサンの基礎について学ぶ講座(一回目)を行いました。
当日はテキストを配布し、以下の内容を行いました。

①用語や道具について
デッサンでよく使う用語や道具について学ぶ。

②1〜3点透視法を理解する。
水平線とアイレベルについて理解し、直方体を1〜3点透視法をつかってそれぞれ作図します。

③グラデーションスケール(5段階、10段階)の作製。
デッサンでは鉛筆の濃淡の塗り分けによって立体感を表現するため、目の訓練として
5段階、10段階の濃さの塗り分けを行います。

④様々な遠近法(重畳遠近法、上下遠近法、逆遠近法、空気遠近法、曲線遠近法など)を学ぶ。
表現の意図・目的によって、過去に様々な遠近法が使われてきたことを学びます。
おもに中世から近代の西洋画・日本画を参照します。

⑤楕円を描く。
楕円を描く際のコツや注意点について解説。
楕円シートを使って四つのパターンの楕円を描き、答え合わせも行います。

20170527_3576.jpg  20170527_3577.jpg 

 

 

2017/05/27    2017年デッサン    mscadmin   |    タグ:デッサン

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください