MENU

M.S.C筆記帳

M.S.C筆記帳(ALBUM)

課題「手」

人物デッサンの基本とも言える、「手」

角度や年齢などによっても変わってくるので、とても奥深いモチーフと言えます。

が、残念ながら今回の参加者は1名のみ。

何年もデッサン講習をしてきて初めてです。

モチーフはいつでも見られるものなので、不参加の方も空いた時間に修習してほしいですね。

 「手」

・正しい輪郭をとりましょう。
(手のデッサンに慣れていない人は、握り拳をモチーフにしたほうが描きやすいです)。
・正しい関節の位置を捉え、指の傾き(曲がっている様子)を表現しましょう。
・掌の厚み、一本一本の指の丸みを表現しましょう。
指の立体感は、円柱を意識して描くと描きやすいです。
・手の量感を出しながら、徐々にしわや爪などの細部を描いていきましょう。
なお、深いしわは間接に影響されてできています。関節の位置をよく確認しながら描いていきましょう。

 

201607_02.jpeg 201607_01.jpeg

 

 

 

2016/07/30    2016年デッサン    mscadmin   |    タグ:デッサン

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください