MENU

M.S.C筆記帳

M.S.C筆記帳(ALBUM)

2014年社員旅行 熊本・鹿児島 1日目 霧島国際ホテル

M.S.C → 羽田空港 → 鹿児島空港 → 仙巌園 → ドルフィンポート → 桜島フェリー → 桜島・有村溶岩展望台 → 霧島国際ホテル

 

​※2015年12月執筆

■霧島国際ホテル

外観を撮影していた人がいなかったので、写真がないのが残念ですが、

いわゆる大きな旅館ホテルです。

中はこんな感じで落ち着く和室。

 

sDSC00213_w580_h387.jpg

窓からの眺めは温泉街というかんじの煙があちこちから立ち昇っていました。

 

sueshigeIMG_0998.jpg

当然大浴場があり、露天風呂があり。

二カ所もお風呂があり、男女が時間によって入れ替わるのですが、

片方のお風呂までが延々と歩いたことを覚えています。

露天風呂には泥パックができるようになっており、せっかくなので、試してみました。

塗ってから立って時間を過ごさなければいけないのが手持ち無沙汰でしたが、

少しはすべすべになったかしら。

たまたま私一人で露天風呂に入っているときに、見ず知らずの方も一人で入ってこられていたので、

思い切って声をかけてお話してみました。

その方はご夫婦で来ているそうで、だからお風呂も一人だったんですね。

毎年いろいろなところに出かけているとのことで、うらやましかったです。

あまり積極的に何かをするタイプではないのですが、旅の恥はかき捨てで、

こういうときには思い切っていろいろトライしてみると、より旅の思い出になると思いました。

 

夕食は、唯一の宴会です。

 

sueshigeIMG_1000.jpg

 

sDSC00221_w580_h387.jpg

やっぱり旅の楽しみの一つは食事ですね!

海の幸、山の幸、どれもおいしかったです。

写真は開始時の食事の一部です。

 

sDSC00214_w580_h387.jpg

 

sDSC00217_w580_h387.jpg

ひとしきり、楽しんだ後、

いよいよ幹事のメインというべき、余興タイム。

次の幹事さんのために、簡単に記録しておきましょう。

とはいえ、すでにうろ覚え…。

 

なにしろ東北旅行のときの余興がかなりやっていたもので、

今回はそれなりにプレッシャーではありました。

幹事に前回のような盛り上げ役がいるわけではないので、

うまくいくのかどうか…。

 

sDSC00224_w580_h387.jpg

その1、キャラ合わせビンゴゲーム

ビンゴゲームは必須なのですが、ただのビンゴじゃ面白くないということで、

M.S.Cの代表作といえるテニスの王子様のキャラを、それぞれがマス目に自由に記入し、

指名された人がそれぞれキャラを答えてそれを塗りつぶし、5マス塗りつぶせたら、

上がりというルールにしました。

これはなかなかよくできたゲームになったと思います。

だいたいメインキャラになれば塗りつぶせるものの、どこに配置するかで決まってきますし、

指名された人が、誰も書かないよというようなマイナーなキャラを指定したりして。

いざとなると名前が浮かんでこないとか、なかなか25マスを埋めるのも大変でした。

 

sDSC00226_w580_h387.jpg

氷帝の方から景品の授与

 

sDSC00230_w580_h387.jpg

景品をもらう方々

景品は社長が適当に見繕ったり、この日の為に暖めていたものが渡されます。

お菓子の詰め合わせだったり、仮装道具だったり、小さな家電製品だったり。

東北のときは、アンダーセブンティーンのジャージが出ましたが、

今回は、プレミアデジカメが出ました。

社長の景品というと、なんちゃってなものが多いのですが、今回は本物です。

いちおう全員がなにかしらもらうという形にできました。

あ、持っていくのが大変な景品は、作画さんに絵を描いてもらい、

それを渡して、後日会社で受け渡しにしました。

こちらが持っていくのも、渡された人が持ち歩くのも大変ですからね。

 

その2、数字カウントゲーム

何人かでグループになってもらい、一人一人が与えられた数字をカウントし、

その合計時間がグループ全体で、より実時間に近いほうが勝ちとなります。

 

sDSC00239_w580_h387.jpg

 

sDSC00244_w580_h387.jpg

個人的にはこれ、どうなるのかなと少し心配でしたが、思ったよりもむずかしく、

しかもチーム対抗ということで協力して真剣にカウントしなければ

いけないというところが、盛り上がる結果になりました。

その3、ジェスチャーゲーム

前回、絵を描く伝言ゲームがあったのですが、それだと絵心がない人が不利ということで、

ジェスチャーで伝言ゲームをすることにしました。

これは盛り上がると思いつつも、お題に悩まされました。

単純だとつまらないし、凝ったものだとわからなくなってしまう。

これもグループになって競ってもらい、先の数字当てとトータルチャンピオンになった

グループには副賞を差し上げました。

 

sDSC00249_w580_h387.jpg

 

tP9030083_w580_h326.jpg

かなり時間を押してしまったのですが、仲居さんたちもニコニコしながら対応していただき、

楽しい?!時間を過ごすことができました。

お酒もおいしかったな〜

2014/09/03    2014年    mscadmin   |    タグ:アルバム

COMMENT LIST

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください