MENU

Notice (8): Undefined index: main_image_alt_6 [CORE/Baser/View/Helper/BcBaserHelper.php, line 1958]
Notice (8): Undefined index: main_image_link_6 [CORE/Baser/View/Helper/BcBaserHelper.php, line 1959]
Notice (8): Undefined index: main_image_6 [CORE/Baser/View/Helper/BcBaserHelper.php, line 1967]
Notice (8): Undefined index: main_image_6 [CORE/Baser/View/Helper/BcBaserHelper.php, line 1975]

Code:Realize Production Note コードリアライズ制作記  2017年11月

新OP放送

OP2タイトル.jpg

第7話より、OP画が変わり、
本編も話の折り返しとなります。
次々と明かされていく真実につれて
進む恋の予感に新たな波乱も 。

 

≫ 詳細はこちら

2017/11/24    制作記    mscadmin   |   

各地コラボイベント2

01.jpg 02.jpg

各種イベントの追記です。

◆TVアニメ「Code:Realize ~創世の姫君~」×全国カラオケチェーン『まねきねこ』のコラボキャンペーン
期間:2017年11月24日(金)よりスタート

*各イベント詳細は専用HPにて
カラオケチェーン『まねきねこ』
http://www.karaokemanekineko.jp/

 

≫ 詳細はこちら

2017/11/18    制作記    mscadmin   |   

6話制作後記

CR6AR.jpg

※6話アフレコ台本表紙

 

6話の制作後記です。

 

6話の見どころは飛行船レース一連ですが、
個人的には後半のヴァンの扱われ方の酷さが一番かな…。
ギャグに縁遠い人をギャグのネタにしたらどうなるか、というところでしょうか。
飛行船は3Dになっていますが、メインだけあって
数が多くどう進めていくか悩ましい回でした。
(担当制作)

 

飛行船レースは、3D様が頑張って下さいました。

引きのカットでも、よく見るとロープ端にヴァンがいて回収されています。

個人的には、インピー回といえるこの話数で、インピーにオトメフィルターの

処理がつかなかったことが、少し残念でした。

(色指定)

 

とにかく、数多い3Dとの折り合いをどうつけていくか、

というのが課題でもありましたが、

撮影としては、思ったほど問題なく終わったと思います。

一部、煙と飛行船が合わず、1コマづつ位置合わせをするカットが発生しましたが。

飛行船の噴射が大きさによって色味が変わってしまったりするので、

それを各作業者で合わせてもらうのに少し手間取りました。

爆発も今までやってきた作品の中でも一番多い話数となったのではないでしょうか。

でもなんと言っても見どころは、ヘルシング砲とヴァンでしょうね。

ストーリーが好きな話数の一つです。

(撮影)

 

≫ 詳細はこちら

2017/11/17    制作記    mscadmin   |   

各地コラボイベント

7f9bc5aa6d4c2163caec16f1ef07c956.jpg

アニメ化放送記念コラボイベントが各地にて行って頂いております。
キャラの魅力が満載で特典も多彩です。
最寄りの方はぜひ脚を運んで頂ければと思います。
◆TVアニメ「Code:Realize ~創世の姫君~」放送記念アニメイトフェア
期間:2017年11月14日(火)~2017年12月3日(日)
https://www.animate.co.jp/blog/149784/

アニメイト
https://www.animate.co.jp/shop/

≫ 詳細はこちら

2017/11/17    制作記    mscadmin   |   

5話制作後記

CR5AR.jpg

※5話アフレコ台本表紙

 

5話の制作後記です。

 

ゲームでは後ろ姿しか見られなかったフランの王立協会時の衣装が初出になります。
フランが兵士から逃げるシーンと(総作監の石井さんカットです)
また、フラン回ではございますが、レオンハルトのアクションシーンにも
注目してもらいたいです!
(アクションシーンはキャラデの中西さんです、とってもかっこよくしてもらいました)
(担当制作)

 

液体爆薬などフランの作った物は、効果によって色を替えております。

ビー玉をキレイに仕上げて下さった撮影様に感謝です。

(色指定)

 

この話数では、ビー玉をどのように見せられるかが鍵だと思い、

廃工場のような場所だったので、きれいなビー玉というよりは、

空気が入ってしまった失敗作というイメージで仕上げました。

影のフォルムは作画を活かしています。

また、明け方の暗い時間から朝日が入る時間経過の中で

同じような見せ方ができるのか、不安もありましたが、

夕方のシーンも合わせて、なんとかなったかなと思っています。

(撮影)

 

≫ 詳細はこちら

2017/11/10    制作記    mscadmin   |   

4話制作後記

CR4AR.jpg

※4話アフレコ台本表紙

 

4話の制作後記です。

 

1話に続いての4話作業で、
コードリアライズの動かし方はなんとなく慣れたのですが、
4話では、3Dの列車やらオーニソプターやら
また初出のものが結構あり、3Dの作業量が多かったので
その辺のカットの動かしが大変でした。
ルパン・カルディアとショルメの対峙シーンは、
渡辺さん(プロップデザイン)に原画作業して頂いたのですが、
作画がリアルチックで非常にカッコよかったです。(担当制作)

 

汽車のシーンシーンが多い話数なのですが、最初、車内のカットは

すべて揺れが入っていました。すべてつながったところで、

見づらいだろうということで、ほとんど止めることに。

色がらみではありませんが、印象に残っている出来事です。(色指定)

 

色指定さんと同様に、汽車の揺れにこだわりましたと言えた話数だったのですが、

結果再撮となりましたw。

電車ですと揺れのカット合わせが大変になるのですが、蒸気機関車となると

かなり揺れていたと思われ、全編に不規則に入れることが可能と思われました。

さらに、演出、監督の意向によりアニメではめずらしく、

車内全カットにリアルに入れることに。

さて、うるさくない程度にどういれようと思ったところ、

ちょうど洋ドラマでそのあたりの時代の汽車の様子がやっていたので、

グットタイミングと参考にしたものだったのですが…

しかし、横にカメラを振るPANと揺れがぶつかるカットがあったり、

実際、社内でも画面酔いを起こすという意見もあったので、

次回、もう少し短いシーンがあれば活かしたいと思います。

それから、個人的にシャーロック・ホームズファンとしては、

それをモデルにしたエルロック・ショルメとルパンとの

正面からの対決話数として楽しめました。(撮影)

 

≫ 詳細はこちら

2017/11/04    制作記    mscadmin   |   

CR01_095_P1.jpg

 

CR02_220_P1.jpg

本編中ではルパンやフランやインピーが煙幕をよく使っています。
霧の都ロンドンでそんなに煙使ったら街中もやだらけ?

 

≫ 詳細はこちら

2017/11/03    制作記    mscadmin   |   
10月 2017年11月 12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリー一覧